ウーマン

子供たちのお手本になる存在|保育士は多く求人募集されています

難関の公立保育園

履歴書

子供は純粋で天使のような存在です。たまにしでかす事もありますが、なにごとにも一生懸命で真っ直ぐな姿を見ていると、こちらまでパワーをもらうことができます。子供が好きな人は保育士さんに向いているでしょう。近年は保育士不足で保育士が求められています。保育士になるには資格が必要です。保育園には二種類あり、公立保育園と私立保育園があります。保育そのものに大きく違いはありませんが、公立の保育園の場合、市町村が運営しています。そのため公務員として働くことになるので給料も地方公務員の給料となります。このように給料面で大きな差が出てくるため、公立の保育園は人気があります。公立保育園で働くためには採用試験に合格することが必須です。採用試験は毎年行われるわけではなく、欠員がでた場合のみに募集が行われます。そのため非常に難関と言われています。自治体によっても募集は異なってきますので、自分が住んでる市町村に確認しましょう。多くの自治体では募集は6月から8月に行われます。その自治体に住んでいることや保育士免許を持っていることが採用試験を受けるための条件です。また年齢制限を行っている自治体もありますので注意が必要です。採用試験は1次と2次試験があります。一次試験は筆記試験です。高校卒業と同等の内容の幅広い試験を受けます。それに受かると次は2次試験です。2次試験では面接を行います。またピアノの演奏のテストがある自治体もあります。